MariaDB 10.0.32 がリリースされました

MariaDB10.0は、世界的に注目されているオープンソースデータベース「MariaDB」の最新の開発バージョンです。MariaDB5.5の後継バージョンにあたり、様々な機能や特徴があります。

ところで、、MariaDBって何??




MariaDBは、MySQL派生として開発されている、オープンソースの関係データベース管理システム (RDBMS) である。MariaDBは、原則としてMySQLとほぼ同じデータベースエンジン(ストレージエンジン)に対応している。


MariaDBの特徴

MySQL互換

MariaDBは、MySQLとインストール方法やディレクトリ構造がほぼ同じであるため、MySQLを扱える人であれば簡単に利用することができます。また、意識的に互換性を保ちながら開発されているため、MySQLからMariaDBへの移行もスムーズに行えます。

ストレージエンジン

MariaDBは、非常に多くのストレージエンジンを採用しており、10.0時点では以下が選択可能です。
Aria、InnoDB/XtraDB、MyISAM、NDB、Archive、Memory、Federated-X、InfiniDB、Galera、Sphinx、TokuDB、Connect、Cassandra、SpiderDB

パフォーマンス

スレッドプーリング、並列レプリケーション、マルチソースレプリケーション、グループコミット、MyISAMセグメントキーキャッシュなど、高性能を実現するための様々な機能が標準で実装されています。

広告--- ---広告
広告--- ---広告

0 件のコメント :