一方的な視点でのみ報道するNHKスペシャル「731部隊の真実」真実???


右派の一部に 「731部隊の細菌戦・人体実験」を否定する一派がいる
 概要としては
シベリア抑留になっり洗脳教育された捕虜の証言を取り上げて、細菌兵器の人体実験が行われたおしている。中ソのプロパガンダ。戦後に大規模調査したアメリカ軍は731部隊は防疫給水部隊と結論出してる
である 現状の一般的な認識としては
関東軍731部隊、細菌兵器及び人体実験を行っていた事は ほぼ確実だと思われるが、、実際のところはどうなんでしょうか?

従軍慰安婦のように 世間の認識が逆転する事ってあるのでしょうか?
まぁ 現状では難しいそうですね。

しかし 気になるのが
関東軍731部隊を世間に知らしめたのが 森村誠一の小説『悪魔の飽食』(あくまのほうしょく)
第1部は1981年(昭和56年)に日本共産党機関紙の『しんぶん赤旗』日刊紙
第2部は1982年(昭和57年)に『しんぶん赤旗日曜版』に連載された
後に 光文社から刊行され、第3部は1983年(昭和58年)に角川書店の「カドカワノベルズ」から単行本が刊行された。

共産党が関わっている点が胡散臭い

また、第2部の単行本に
元隊員であったという人物から提供されたとする写真を、新発見のものとして収録したところ それは別事件のものである事が判明した。
森村自身も「提供写真への混入」として、写真に偽物が含まれていたことを認めている
しかし、
「写真は誤用したが、内容は真実であると、徹底的な取材を踏まえて私は自信があった」「捏造ではありません。すでに多数(三百数十万以上)の読者および学者、研究者、作家等、また多数の現地中国人たちによって確認、証明されています」と弁明している。

また、秦郁彦は、731部隊による細菌戦研究や人体実験の事実を認めつつも、「悪魔の飽食」を、小説とノンフィクションがごちゃ混ぜになった作品と評している。

概ね事実だが 誇張されていると言うことでしょうか?

今回の件とは直接関係ありません。。?が

杉田水脈 反日工作に資金提供するNHKの正体を暴露!仏で広がる反日工作の実態!

広告--- ---広告
広告--- ---広告

0 件のコメント :