今年の5月に 株式会社ウェザーニューズが発表した ”2017年「台風傾向」”は 今のところ、そこそこ当たっている

今のところですけど、、今年5月の台風予測が 良い感じです


ウェザーニューズ的には、今年の夏から秋にかけての台風シーズンは、気をつけたほうが良い!、といった感じですよね?。
台風発生が多いのか?というのその年の気象状況からある程度予想できるようです。

【台風傾向2017】7~8月は沖縄方面へ、9~10月は関東に接近の恐れも
~台風発生数は平年並の27個前後の予想、9月をピークに10月まで多い見通し~

 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、2017年の『台風傾向』を発表しました。

今シーズンは、太平洋高気圧の西への張り出しが例年に比べるとやや強まるため、台風が発生した場合、
7~8月は沖縄から中国大陸へ向かう進路が多くなりそうです。
9月以降、偏西風が南下してくると、台風は東シナ海を北上し日本海から北海道へ向かう進路が多くなる予想です。
関東に接近する可能性が高まるのもこのタイミングです。
台風発生数は、平年並の27個前後となる見通しです。
台風の発生は7月から増え始め、9月をピークに10月まで多いとみています。

参照【台風傾向2017】9〜10月は関東接近の恐れも - ウェザーニュース

産経ニュース 2017.8.6 20:15
 台風5号は発生から2週間以上たっており、6日午前9時に歴代4位の「長寿台風」になった。気象庁によると台風発生から消滅までの平均期間は5・3日。台風5号は太平洋上を長く“迷走”し、速度が遅く、5日に奄美地方で「50年に1度」(同庁)の大雨を降らせた。9日夜まで勢力を保った場合、歴代1位になる可能性もある。
広告--- ---広告
広告--- ---広告

0 件のコメント :